カテゴリー別アーカイブ: 女性

今、感激に心暖まってます。

美しい題名「星の国から孫ふたり」に魅かれて、そして思い描いた通りの内容で、今、感激に心暖まってます。本当に素晴らしい作品を有難うございました。自閉症の方が身近にいらっしゃるのもあり、とても共感するところ、ありました。いい作品を有難うございました。次回も期待してます。

カテゴリー: 60〜70代, その他不明, 女性 | タグ: |

いろんなこと考えさせられました。

子どもたちがもっと大切にされる国にしたいものです。もっとたくさんの人にみてもらいたい映画です。いろんなこと考えさせられました。

カテゴリー: その他不明, 女性 | タグ: |

“無条件に愛をそそぐ育て方”ということ本当だと思いました。

“無条件に愛をそそぐ育て方”ということ本当だと思いました。どの子も幸せであってほしいと思うべきで、孫を持つ身で日頃幸せを感じておりますが、もっと他の子、思うように自分を現わせない子供にも、そしてその子を持つ親たちにもやさしくなりたいと思いました。出来る事が少しはあればと考えます。ありがとうございました。

カテゴリー: 60〜70代, その他不明, 女性 | タグ: |

PSWとして自閉症、発達障害の勉強をしました。

今日はありがとうございました。PSWとして自閉症、発達障害の勉強をしました。日本はとても遅れていることを感じています。精神障害全般ヘンケンがあると思います。これからもこのような映画を作って、世の中の人々に認知していただけるよう頑張って下さいませ。 ※PSW(精神保健福祉士、精神科ソーシャルワーカー)

カテゴリー: 40〜50代, 女性, 福祉関係者 | タグ: |

理解することは、まず“知ること”が最初の一歩だと思います。

今日はありがとうございました。自閉症についていろいろおしえていただいてありがとうございます。理解することは、まず“知ること”が最初の一歩だと思います。いろいろ勉強になりました。とってもすてきな映画だと思います。これからも頑張って、いい作品を作り続けて下さい。

カテゴリー: その他不明, 女性 | タグ: |

保育士の仲間に、見せてあげたいです。

この映画が出来た時に、木島知草さんから知らされ、パオのホームページを何度も見ていたのですが、機会が出来ず今週頂いた知草さんからのお知らせで知り見る事が出来良かったです。保育園での仕事を終えかけつけました。保育士の仲間に、特別支援学級で真剣に取り組んでいる妹にも、見せてあげたいです。2008年でしたか、下北沢のパオの映画まつりで「母のいる場所」槙坪監督の姿を、お話を伺い大きく力づけられました。いい映画を本当にありがとうございます。また作って下さいませ。お待ちしています。

カテゴリー: 60〜70代, 女性, 福祉関係者 | タグ: |

特別支援の専門研究たいせつと思います。

学校その他いろいろなところで上映してもらいたいと思います。星の国から来た子ととらえる、その通りだと思いました。ふれあいのたいせつさ、愛、そして理解、そして手だて、早期の。とてもたいせつと改めて感じました。特別支援の専門研究たいせつと思います。よい映画をありがとうございました。

カテゴリー: その他不明, 女性 | タグ: |

現実のきびしい点にもふれてほしかったです。

学校関係で上映されていないのは、このような映画があるということを関係者が知らないからです。職場にもチラシやポスターをいただければもっと多くの上映が可能だと思います。大変きれいに映像化されていてもっともっと現実のきびしい点にもふれてほしかったです。かんとくの槙坪氏には、もう少し学校現場(支援教育の)をいろいろ見ていただきたかった。

カテゴリー: その他不明, 女性 | タグ: |

心おだやかにいられる場所が親にも子にも大切ですね。

とても、ステキな映画でした。他の人にはわかりにくい自閉症がとても簡潔にえがかれていたと思います。「星の国から来た子」と思える愛情が、親やそのまわりの人たちにもてるかどうかのちがいで、育てる困難さがちがうと思いました。心おだやかにいられる場所が親にも子にも大切ですね。

カテゴリー: 40〜50代, 女性, 教育関係者 | タグ: |

子たちへの温かいまなざしを持った大人の方たちの愛情を、いっぱい感じさせていただきました。

星の国からきたお子さんをお持ちのご家族の大変さと、その子どもたちの素敵な魅力と、その子たちへの温かいまなざしを持った大人の方たちの愛情を、いっぱい感じさせていただきました。コミュニケーションが苦手といわれる子どもたちとアートを通してつきあっていますが、他の子へのやさしさや、私たち大人への心づかいなどに日々、育てられています。ありがとうございました。

カテゴリー: 40〜50代, 女性, 福祉関係者 | タグ: |