自閉症の子を持つ親として、大変はげみになりました。

“ともに生きる”この言葉がとても印象的でした。
“療育とは愛して受け止めること”この言葉は自閉症の子を持つ親として、大変はげみになりました。多くの人々にこの子達と共に生きる喜びを知ってほしい、そんな思いになりました。

カテゴリー: 女性, 本人・家族   タグ:   この投稿のパーマリンク