自閉症の子どもは不幸そうではありませんでした。

私は「星の国から孫ふたり」を見てわかったことが2つあります。1つは、「自閉症」という症状があることです。でも自閉症の子どもは不幸そうではありませんでした。むしろ幸せそうでした。危険なことはあるだろうけど、自閉症の子どもにはずっと幸せでいてもらいたいです。2つめは、世界には自閉症の子どもがたくさんいるということです。自分は、自閉症の人に出会ったら助けてあげたいと思います。自分1人で少しでもよくなるのだったら、してみたいと思います。この映画で学べたことがたくさんありました。ありがとうございました。

カテゴリー: 19歳以下, 女性   タグ:   この投稿のパーマリンク