悩みながらも家族全体で接していく事の大切さを感じました。

Q1.この映画で一番印象に残った場面
自閉症の子が感じている様子を具体的に表現していた場面と、自閉症の割合を別の割合をだしながら数値でだしていた場面

Q2.この映画をご覧になって何を感じましたか
子どもが自閉症であるという事を理解した上で、悩みながらも家族全体で接していく事の大切さを感じました。また、普段あまり気にならない事がとても敏感に感じているのだという事を改めて実感した。

Q3.その他ご意見、ご感想など
分りやすく描かれていたので勉強になりました。ありがとうございました。

カテゴリー: 20〜30代, 女性, 教育関係者   タグ:   この投稿のパーマリンク