しょう害者へのへんけんをなくしていくことが大切だと思います。

今日、映画を見て、私は、まだ子供がいないけど、もし出来て、自分の子が「自閉症」だったら私は、とても悩むと思います。悩んで悩んで悩みまくると思います。少し嫌になるかもしれないし、にげたくなったりしたりしてしまうかもしれないけど、やっぱり、自分より子供のほうがつらいだろうなあと思うと、うじうじしていられないと思いました。やっぱり周りの人たちに支えられ、子供と共にたちむかっていきたいと思います。そのためには、せけんから、しょう害者へのへんけんをなくしていくことが大切だと思います。自分には関係ないと思いがちですがその考えからかえていかないと世けんにはたぶんかわらないと思います。私は、うけいれられる人になりたいし、そういう世界をつくっていきたいとも思いました。

カテゴリー: 19歳以下, 女性   タグ:   この投稿のパーマリンク