映画『星の国から孫ふたり』とは

映画『星の国から孫ふたり』~「自閉症」児の贈りもの~ −作品ご紹介−

米国バークレーを舞台に書かれた原作をもとに、日本の現状に置き替えて映画化します

映画『星の国から孫ふたり』のものがたりと概要=シノプシス(脚本から抜粋)、キャスト・スタッフなどの最新情報をご紹介します。門野晴子さん著の原作本「星の国から孫ふたり」ーバークレーで育つ「自閉症」児ーは好評発売中です。

ものがたり

孫ふたりが「自閉症」だった! 星の国から来たような孫たちと、コミュニケーション獲得のためのバアバの奮闘記。未知なる世界を知り、そこに寄り添うことで、ふれあう魂(たましい)。涙が笑いに、苦しみが喜びに変わる。今や、異星語も解せるようになったバアバは怖いものなし!

シノプシス

5年前に夫に逝かれた、作家太田弓子は自分一人の人生を満喫し始めたばかり。娘の陽子は結婚して、夫敏夫の赴任地、バー クレーにいる。保守的な夫と戦いながら作家を続けて来た弓子は、陽子にも仕事を続けることを勧めていた。陽子も、生まれたかおるを保育園に預けて仕事に復 帰するつもりでいたが、「コミュニケーションが取れない」「おむつが取れない」「言葉が遅いなど」と、手がかかったため、そのまま専業主婦に。仕事中心の 敏夫とは子育てを巡って喧嘩が絶えない。かおるが「自閉症」ではないかと心配する陽子に敏夫は「”しつけ”が出来てないのはお前の育児のせい」と、否定するだけだった。敏夫の東京への転勤で、3歳になったかおるを連れ帰国した陽子たちは、弓子の家の近くのマンションに住むことに。かおるに久しぶりに会い、彼の行動から「自閉症」なのでは、と心配になった弓子は、病院に連れて行くのをしぶる娘の背中を押す。
そして、「自閉症」の疑いがある、との診断がおりた。世間から孤立するような感覚。 それを打ち消すように、「かおるはよその子とは違うかも知れないけど、発想は豊かだし……。あの子は星の国から来た子どもなのよ。」と、陽子を励 ます弓子。しかし、敏夫の母の「こんな子はうちの血筋にはいない」という言葉は、これからの葛藤の日々を予感させるのに十分だった……。

星の国から孫ふたり予告篇(2:46)

星の国から孫ふたり〜「自閉症」児の贈りもの〜

文部科学省選定作品、厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財、助成:文化芸術振興費補助金、[社]企業メセナ協議会認定

2009年度作品/35mm,16mm/95分

あいち国際女性映画祭2009正式出品(プレミア上映)

現在、全国で自主上映・劇場公開中! 詳しくはパオホームページの上映スケジュール一覧から確認できます。

コメントは受け付けていません。