タグ別アーカイブ: 南大沢文化会館

上映会スタッフの感想より

○自閉症の人の見え方、感じ方が、こんなにも自分と違うことにビックリしましたし、とても勉強になりました。 ○お手伝いをさせて頂き、いろいろな方の力で映画が製作・上映されていることを知り、とても良い経験になりました。映画では発達障がいについて視覚・聴覚が違うとこんなにも世界は生きにくいのだということを、映像になって改めて感じることが出来ました。今後、自閉症、発達障がいについての理解が広まり子どもたちが本当に住みよい国になればいいと思います。 ○スタッフとしてお手伝いさせて頂くことで、槙坪監督や助監督にお会いして、お話ができたことに感激しました。隊長がすぐれない中、この本のメッセージを多くの方に伝えたい!との熱い思いからこの映画を創られたということが伝わって来て、映画に携わる方々の強い使命感を感じました。 ○まず映画上映のお知らせを自分の周囲の人たちに広める際、特に小学校の知り合いママ達の反応があたたかく、発達障害について、そして世の中についてみんな関心があることが分かり、そのことだけでも何だかとても嬉しかったです。こうやって広がっていけたら・・・と未来が明るく感じました。また、槙坪監督にお会いし、“共に生きる”“共に生きられる社会”、その想いに共感しました。障害があろうとなかろうとその人がその人らしく生きられる、そしてそれを認め合える世の中を私も願っています。 ○今、自分自身が子どもの困り感にどう寄り添えばいいのか、何がしてあげられるのか・・・ということに関心があり、この映画のことを聞き、何か自分にできることでお手伝いができればいいなと思っていました。そして、たくさんの人に見て触れてもらえるといいな・・・と願っていました。当日、監督さんにお会いできるということでなんだかドキドキしていました。“監督”というとなんだか近寄りがたい“別世界の方”というイメージがありましたが、実際にお会いしてみると一見普通の方で、気さくな、しかしとてもパワフルなものを秘めた温かい方でした。この映画もそうですが、この映画だからこそでしょうか、監督さんの想いがあり、そしてその監督さんに集まった方々がいらして、そしてまたそこに集まって来た人がいて・・・。会場では初めてお会いする方も多くいらっしゃいましたが、みんながそこにそれぞれの気持ち・意思を持って集まり、自分にできることを探し、考え、ここに集まっているんだなということがひしひしと伝わってきていて、今までに味わったことのない一体感のようなものを感じました。そしてこの映画を中心に、この映画をたくさんの人に見てもらいたいという願いをもって集まって来た人の輪ができたように、子どもを見守る輪もこのように広がっていくといいな・・・と思いました。自分に何ができるか。自分にできること・・・を考えています。ありがとうございました。 ○“広範の方々にチケットを売ってください。こんな上映会があるということを知らせてください”と言われ、当初はどれくらい売れるかやや不安もありましたが、映画の前に原作を読み、自閉症児を明るくユーモラスいっぱいに書いたこの原作を“面白い!”と感じた私は、それ以降は迷いなくこの映画を友人・知人に勧めることができました。そして、多くの方々に興味・関心を寄せていただき、思った以上にチケットも売れ、“世の中まだまだ捨てたものじゃないなぁ”と当日の観客の入り具合を見て感じました。 当日は、槙坪監督にもお会いすることができ、いかなる人も共に生きる“共生”というメッセージを伝えたい、そして映画という手段を使うからには楽しく面白く・・・と、自分の身を削ってまで映画に捧げるその強い意志、車いすでメガホンを握るその情熱に頭が下がる想いがしました。“共生”は、ノーマライゼーションからユニバーサルへという星山先生のメッセージとも重なり、自閉症や発達障がいという枠だけでなく、より多くの人々にしってもらいたい、感じてもらいたい未来へのキーワードだと感じています。 至る場所で子どもの態度がちょっと悪いと“躾が・・・”“ご家庭で注意を・・・”などと言われたり、貼紙を出されてしまう昨今です。どんなお子さんを持った人でも息苦しさを抱えて育児をしているのではないでしょうか(少なくとも私はそうです)いろんな子どもたちがいるんだ、どの子も一生懸命生きているんだ、ということを忘れかけている大人たちに是非観てもらいたい、いろんな場所で上映してほしい映画だと思いました。

カテゴリー: その他不明 | タグ: |

問:槙坪監督と星山先生の対談について

○監督の映画にかける思いや撮影の様子をうかがえて面白かったです。 ○病をおしてもこのような映画を撮り続ける監督の熱い想いに感動しました。お体に気をつけて頑張ってください。 ○障害を理解してもらうこと、知ってもらうことの難しさを私も実感しています。無理解が一番辛いことです。対談に感動しました。 ○「ダメ」や「出来ない」で見るのではなく、発見の連続を楽しむ子育てのお話、反省と感激で心にしみました。たくさんのお話が聞けてとても良かったです。 ○星山先生がお話しされたように、早期発見してあげることで本人が苦しい思いをすることが少なくなるのであれば、子どもの反応に敏感でありたいと思いました。 ○「自閉症の子は人の心が分からないというが、そんなことはない」という星山先生の言葉・エピソードにとても共感しました。とても繊細で優しい心の子どもたちと一緒に仕事ができることをあらためて幸せに感じました。 ○監督の“共に生きる”という言葉が印象的でした。障がいを持つ人も、介護を必要とする人も、決してかわいそうな人ということではないと思っています。心の輪が一人でも多く広がり、誰もが温かい眼差しで相手を思いやれるそんな社会になってほしいし、そのために出来ることを私も精一杯やっていきたいとあらためて感じました。

カテゴリー: その他不明 | タグ: |

問:その他、映画に対するご意見・ご感想

○この映画に出会えたことを嬉しく思います。ありがとうございました。 ○自閉症の子どもたちが大好きです。愛情あふれる作品をありがとうございました。 ○勇気を頂きました。地方に住む両親にも観てもらいたいと思いました。 ○我が子もオーティズムです。大変なこともありますが、あらためて我が子から得た人との繋がりや喜びの大きさに感謝です。映画を見て元気になれました。 ○この映画をいろんな人に紹介し、一緒に見に来ました。いろいろな人と同じものを観て感じることはとても素敵なことだと思います。姑が「孫に会いたくなる映画だった」と言ってくれて胸が熱くなりました。 ○あえて明るく楽しく、ユーモラスいっぱいに作ることで、観た人に勇気や元気を与えてくれているんだと思いました。槙坪監督に感謝です。 ○とても良い映画でした。是非より多くの場所で上映してほしい。もっとこの映画が広まってほしいと思いました。 ○たくさんの教育委員会で、たくさんの小学校で上映してほしい、学校関係者にも是非観てほしい映画でした。 ○このような映画を実際に観に来るくらい障がいを受け入れられる方は安心ですが、親御さんの中には通常級に入れて「うちの子は甘えている」と考えている方も少なくありません。もっとたくさんの人に知ってほしい映画だと思いました。 ○これからもこのような映画をたくさん作ってほしいです。 ○子どもはまだまだ大きくなるので、続編も作ってほしいです。 ○気づきの一歩となる映画だと思いました。 ○自閉症児に関しての入門編としてはとても良い映画だと思いました。 ○障害を差別することなく受け止めるきっかけになる素晴らしい映画だと思いました。 ○感動しました。自閉症児とその家族の姿がありのままに描かれていて、とても驚きました。 ○とても勉強になり、また感動しました。理解ある教員になりたいとあらためて思いました。 ○小学生の娘の心にも大きく響いたようで、優しい気持ちへと繋がったことと思います。 ○映画を一緒に見た小4の息子が音に異常に反応するクラスメートのことを少し理解できたようです。そういうお子さんのことを一緒に考えるきっかけになって良かったです。 ○人権的な、平和的な視点から“相手は違う星から来ている”と見ると、今まで当たり前に思ってきたことがそうではなくなる。心豊かな作品だと思いました。 ○発達障害児の母です。映画と同じあの頃の子育てが本当に大変でした。早期発見・早期療育は本当に大切です。あの時期の様々な人との出会いと体験がその後の人生に母子ともに大きく関わっているとあらためて思いました。 ○自分に置き換えると“あんなにみんなが前向きに考えられるだろうか”、“もっともっと葛藤するのでは”と感じました。家族でこの映画を鑑賞しに来たので、みんなで話し合う良い機会になりそうです。 ○観客がとても多いことに驚きました。これだけ多くの人たちがこのような映画に興味を持っているという実感がわき、世の中まだまだ捨てたものじゃないなと嬉しく感じました。 ○“これが障がいであり、しつけの問題ではない”と多くの人たちに理解してほしいと願っています。 ○我が子は軽度発達障がいです。やはり社会での生きにくさを感じています。みんなが暮しやすい世の中になってほしいです。 ○孫の二人が自閉症です。理解しているつもりですが、さらに良く分かりました。涙が止まりませんでした。本当にそのままの姿で社会に受け入られると嬉しいです。 ○多数派・少数派はあっても、どちらが良い・悪いはない。少数派の人たちがもっと生活しやすく偏見のない世の中になってほしいと思いました。 ○オーティズムの子どもたちがごく当たり前に生きていける世の中になってほしいです。全ての子が普通であって普通ではなく、その子がその子であっていい、そんな世の中になってほしいです。 ○自閉症を知らない人に是非観て、知ってほしいと思いました。知ってもらうだけで彼らそして親もずいぶんと生きやすくなります。違いを認め合える社会に彼らを生かせたい。親の願いです。 ○“共生”という豊かな社会になるために、多くの人がこの障がいを知り、本人や家族をサポートするシステムを一日も早く国に作り上げてほしいです。発達障がいについてようやくメディアでも取り上げられるようになりましたが、教育現場では先生によって理解も対応もバラバラでいつも歯がゆい思いです。この映画を観てたくさんの人に理解が広まってほしいです。 ○あまりにきれいに出来過ぎていると感じました。母はもちろん、おばあちゃんや周囲の人々などの理解があまりにも早く、すぐに協力的になる状況は考えられにくく、人々の葛藤が伝わりにくかったです。人間は分かっていてもそうは出来ない環境や状況があるわけで、もう少し心のドラマを求めたく感じました。 ○自閉症児の家族があまりにもものわかり良すぎると思いました。家族がバラバラになりかけたり、もっと現実は生々しく悲惨な時もあります。多くの体験談は渦中にある時は語られず、乗り越え、落ち着き、ハッピーエンドになった時に初めて“あの時は苦労した”と語れるようになります。その渦中での迷い・不安をもっとクローズアップしてほしかったです。

カテゴリー: その他不明 | タグ: |

問:映画をご覧になって何をお感じになりましたか?

○子どもの成長への喜びを感じました。 ○子どもの素晴らしさにもっともっと気づいていきたいなと思いました。 ○子どもは無条件で愛してあげたいと思いました。 ○「療育は無条件にかわいがり愛すること」というセリフがありましたが、育児も同じだとあらためて感じました。 ○本当に温かい気持ちになりました。辛いこともあるけれど、みんながいろんなことを感じながら頑張って生きているんだと勇気がわきました。 ○障がいの有無に関わらず、どの子にもデコボコや得手不得手があり、親が子どもの特性や育児に悩みや不安を持つことは共通していると思いました。 ○障がいの有無に関わらず、親はいつも周囲の目を気にしています。その上、祖父母に注意されると自分の子育てに点数を付けられたような気持ちにもなります。映画の中のおばあちゃんのように「あなたは良くやっているわよ」と言ってくれる人がいればいいなと思いました。 ○ひとりひとり生まれてきたことに意味・価値がある。そして人は人とふれあってたくさんのことを学んでいくんだなと思いました。障がい云々ではなく、人として生きること、その存在こそが素晴らしいのだとあらためて思いました。 ○人と同じであることに安心してしまう自分ですが、人と違っても大丈夫という自信や勇気が必要だと感じました。 ○みんな同じ人間で、どんな人も一人で生きていくことは出来ない。周囲を受け入れ、自分も受け入れてもらうことによって初めて自分も安心して生きていけるのだと感じました。 ○家族・地域の人々・第三者の人々・国など、幅広く連携し、支えあう大切さをあらためて実感しました。 ○地域の協力が大切だと思いました。何をするわけでもなく温かい目で見守ってあげることが大切だと感じました。 ○八百屋さんが「そういう時はどうすればいいの?」と聞いた時、「そういう特徴があると知っていて頂くだけでいいんです」と答えていたのが印象的でした。“何ができるのか”と意気込むだけでなく、“分かってもらえるだけで有難いんだ”と思うと少し気持ちが楽になりました。 ○“知らない”ことの罪、“知る”ことの重要性をあらためて感じました。 ○理解の重要性、相手の立場で考えること、前向きな姿勢、許容の大事さを痛感しました。 ○分からないことや不思議なことがあって当然。分かろうとすること、何ができるか考えることが大切だと思いました。 ○理解しようと思うことが第一歩だと思いました。地域の人たちを巻き込みながら活動することが自分にもできるか、私に何ができるか考える機会を与えてくれました。 ○私たちの周囲には普通に見えて、実は困っている人がいることに気付きました。 ○行動を起こさない限り周囲の理解は得られない、社会を変えるには自ら声をあげなければならないと思いました。 ○子どもの気持ちを最優先に考え、支えていくために、家族が真剣に理解を努め、地域の人たちへも支援や理解を広げるために努力していく姿に感動しました。発言し行動する勇気の大切さを感じました。 ○自閉症児から見て様々な事柄がどのように見えたり感じたりするのか知ることができて良かったです。 ○自閉症とその子どもを取り巻く環境や特性などをあらためて知ることができました。 ○どんな子どもであっても早期発見・早期療育であんなに素晴らしい感性が育てられるんだと気付かされました。 ○発達障害児に遭遇すると“コワイ”と感じていましたが、実は向こうの方が数倍怖い思いをしているんだと気づかされました。 ○障がいのある子どもに接する機会は何度かありましたが、どう接したら良いのか考えすぎてとてもひいていたと思います。自分の気持ちが随分変わった気がします。 ○自閉症という言葉を聞いたことはありましたが全く知識が無かったのでとても良い機会となりました。今後は温かい目で見ることができそうな気がしました。ご家族をはじめ、このような子どもたちに関わっている人たちの愛情を感じました。 ○ニュースなどで作業所の方が子どもに悪い行いをしたなどを知り、“我が子を守らねば”という思いから“危ない人には近づかない”という心の差別をしてきたように思います。自閉症のお子さんを持つ親御さんも大変な思いで育児をされているのに、勉強不足の私はなんてひどいことを思ってきたのかと反省したと同時に、今後もっと知っていきたいと思いました。 ○親の苦しみ・親の楽しみをもっと勉強しなければと思いました。 ○子どもたちは必ず成長していくんだな、心の動きを大事にしていきたいなと思いました。 ○発達障害について聞いたり、本で読んだりはしていましたが、映像で見て初めて理解できたように感じました。感覚の違いが少しでも具体的に分かって良かったです。スペシャルエデュケーションにも以前にも増して興味を持ちました。 ○子どもの困り感を頭では分かっているつもりでも、映像で見ることでよりイメージが湧いてきました。いろいろな子・場面等ありますが、より理解を深めていきたいなとあらためて思いました。 ○保護者の方の気持ちの葛藤や世間の目などが当事者の目線からよく分かりました。自閉症児の家族・地域まで支援していかなければならないんだと思いました。 ○寄り添いたいと思うのに、どこか私のピントやベクトルがずれていて悲しいことがよくあります。でもこの映画を見て具体的にどうすれば良いか少し分かった気がしましたし、何よりも元気がもらえました。 ○重度障がい施設で勤務していたのでパニックなどの知識はありました。しかし、育てる、そして支えることの大変さと大事さをこの映画で深く感じることができました。 ○教室の中で困っている児童と姿が重なりました。小さな子どもたちにどう教え、受け入れさせるか、少しは出来そうな大切なヒントを頂きました。40人学級の中に必ずと言っていいくらい発達障害児がいる現在。どの子も安心できる学級・学校・社会でありたいものです。 ○我が家にも星の国からきた女の子がいます。地球の生活に慣れさせることに精一杯な毎日です。本当に我が子と向き合ってきたかと反省です。初心に帰るきっかけになりました。 ○自閉症の我が子を叱るばかりでなく、前向きに考えて、褒めて認めて楽しく生きていける母親になりたいと思いました。

カテゴリー: その他不明 | タグ: |

問:この映画で、一番印象に残った場面を教えて下さい。

○冒頭の、おもちゃの汽車を持って走り回る男の子、そしてその様子を見た主婦二人が立ち話する場面。(私も知的障害者の母として近所からの突き刺さるような視線を感じながら子育てしてきたので) ○お父さんや祖母が現実を受け入れられずにいる場面。 ○「日本では“自閉症”と呼ぶが、アメリカでは“オーティズム”と呼ぶ」など、ひとみがかおるの家族にアメリカのオーティズムの子どもたちに関して説明する場面。(日米の支援環境や制度の差異に驚きました。) ○仕事で子どもの面倒を見なかったお父さんが、子どもを抱きしめ寝かしつける場面。 ○かおるが幼稚園で初めておしっこできた場面。 ○母が“妹のらんも自閉症かもしれない”と疑っていた時に、おばあちゃんに“らんがそうじゃないようにと祈ることはかおるに対して失礼だよ”と気付かされる場面。(私も映画の中の母と同じことを感じたことがあり、当時を思い出して涙が出ました。) ○らんも自閉症だと診断された後、「覚悟をしながら健常児であることを祈っていたいやらしさ、心の中の差別も奥深い」という母と祖母の会話の場面。 ○らんが小麦粉で遊んでいるのを怒った母が、おばあちゃんの前向きな言葉で励まされ、気持ち切り替えるまでの場面。 ○地域の人たちに理解してもらえるように、家族で星の国通信を作成し、配布してまわる場面。 ○自閉症児の見え方が視覚化されていた場面。(こういう感じ方をしているなら、本当に怖いだろうなと共感できました。) ○転校生のマリアが死んでしまったお母さんを思い出しそれが現実でないことに気づいて頭を壁に何度も打ちつけるが、かおるが頭と壁の間にそっと腕を入れて、マリアに共感して涙を流す場面。(自傷をただ止めるのではなく、マリアの心の痛みに寄り添ったかおるの姿に感動しました。) ○あかちゃんとあおちゃんの人形劇の場面。(すごく分かり易かったです。) ○「デュワイン!」という一般では解らない言語で心が通じ合う様々な場面。(素敵だなと感じました。“星”という表現が好きです。思いやりに繋がるような気がして。) ○どの場面も素晴らしかったです。(おばあちゃんがいつも必ずポジティブな言葉を発していたことや、おばあちゃんやお母さんの明るく元気で前向きな姿勢に感動、勇気づけられました。)

カテゴリー: その他不明 | タグ: |

主催:武蔵野幼稚園

上映日:2009年10月23日(金) 上映形態:有料 −当日のスケジュール− 「星の国から孫ふたり」1日2回上映 10:00 開場 10:30 上映(1回目) 12:05 槙坪夛鶴子監督の講演(30分) ー休 憩ー 18:00 開場 18:30 上映(2回目) 20:05 星山麻木先生と槙坪夛鶴子監督の対談(60分) 会場:南大沢文化会館 主ホール ・前売券 おとな1000円 こども500円 【主催】武蔵野幼稚園 【後援】八王子市、八王子市教育委員会 チケット&お問い合わせ窓口:武蔵野幼稚園 ================================ 観客総数:847名(高校生以下74名含む) アンケート回答:計114名(本人・家族77名、教員4名、大学生13名、その他20名)※類似の回答は省略しています

カテゴリー: 主催と上映詳細 | タグ: |