タグ別アーカイブ: 練馬文化センター

重すぎず軽すぎず、さわやかに描き抜かれていて、とても好感が持てますね。

困難に直面しても、明るく前向きに対拠する祖母と、物事を素直に受けとめる母親にのびのびと育てられ、幸せな子供たちですね。いかに人の理解が大切かを、言わず語らず感じさせてくれています。夫も弟も協力し、“拒否”しない姿勢が問題解決につながっていますね。深刻な問題をさらりと描いているので、重すぎず軽すぎず、さわやかに描き抜かれていて、とても好感が持てますね。軽快でさわやかな教訓的な映画ですね。大変良かったです。

カテゴリー: 60〜70代, その他不明, 女性 | タグ: |

この映画を心に残します。

この映画を心に残します。大事に!

カテゴリー: 40〜50代, その他不明, 男性 | タグ: |

病名を知っているだけで、どういうものかを知りませんでした。

「自閉症」という病名を知っているだけで、どういうものかを知りませんでした。感覚がとても鋭く、私たちとはちがうものに見え、ちがう音に聞こえることがわかってきて、少し理解できました。日本でもアメリカのように「スペシャル・エヂュケーション」のシステムがもっときちんと確立されるとよいと思います。各協力などでもっとポスターなどを貼って、より広く知らせるとよいと思います。

カテゴリー: その他不明, 女性 | タグ: |

目がさめました。

日常で考える事の少ない事に、機会があって映画を見せていただき、目がさめました。

カテゴリー: その他不明, 女性 | タグ: |

自閉症の理解を社会に広げるためには、いい映画だと思います。

バーバのいろいろなとらえ方が、すてきだと思いました。人間は、一人一人違っていいと思います。自閉症の理解を社会に広げるためには、いい映画だと思います。

カテゴリー: その他不明, 女性, 福祉関係者 | タグ: |

お互いに個々を認め合って生きていける社会はきっとすてきでしょうね。

自閉症という障害も1つの個性であり、お互いに個々を認め合って生きていける社会はきっとすてきでしょうね。そんなことを強く感じられました。障害を理解する、自閉症ということを知っていただくことに、この映画はとてもよいと思われます。ありがとうございました。

カテゴリー: その他不明 | タグ: |

自閉症の御子様を通して地域社会の協力があって全ての人が住みよい国になるのだと思います。

「星の国」という言葉から、限りないやさしさとあたたかさと愛が満ちあふれた心につつまれました。“受容と共生”(あるがまま受け入れて共に生きる)は、介護・福祉の基本の精神だと思いますが、自閉症の御子様を通して地域社会の協力があって全ての人が住みよい国になるのだと思います。「星の国」からの貴重な大切なメッセージを感謝いたしますと共に、槙坪監督をはじめこの映画を製作された皆様お一人お一人の上に「星の国」からの祝福が豊かにありますように、御祈りいたします。誠にありがとうございました。

カテゴリー: 60〜70代, その他不明, 男性, 福祉関係者 | タグ: |

自閉症の方を知る事が出来、勉強になりました。

今日はすばらしい機会をあたえていただき、ありがとうございました。ちょっとだけ自閉症の方を知る事が出来、勉強になりました。ありがとうございました。

カテゴリー: 40〜50代, 女性, 福祉関係者 | タグ: |

自分が産んだ子が自閉症でも、上手に向き合えると思った。

自閉症について知識がなかったが、とてもわかりやすく、理解できてよかった。自分が産んだ子が自閉症でも、上手に向き合えると思った。

カテゴリー: 20〜30代, その他不明, 女性 | タグ: |

応援します。

多くの人にみてもらいたいと思います。応援します。

カテゴリー: 60〜70代, その他不明, 女性 | タグ: |